<< Programma telev... Caponata...カポナータ >>

Piantina...トマトの苗

先日、レッドアーリーでお邪魔した農家のおばさんに帰り際に珍しいものをいただきました。

それはこれ・・・・
a0084885_16222072.jpg

a0084885_1623494.jpg

分かりますか?根元に近い部分に注目!!

そうです、接ぎ木をしているんです。
トマトは連作ができない野菜です。この接ぎ木をすることにより、同じ所で育てられるのです。

しかし、何の植物に挿してるのか分からないそうです。残念。
これを作られた業者さんはどんな技術で接ぎ木しているんでしょうね。

a0084885_16303329.jpg

もう一ついただいたミニトマトの苗と比較すると・・・
違いがよく分かります。

a0084885_16321289.jpg

接ぎ木のトマトにはもう、花が咲いていました。
黄色いかわいい花。トマトやナスの花は下を向いています
それは、花粉が風に吹かれてゆれ落ち、下で受粉する為だと野菜ソムリエの授業で
習いました。なるほど・・・

a0084885_16365982.jpg

まだ青い小さいトマトができました。これは自分で買ったイエローミニトマト。
はやく、お店に出したいです。去年はオレンジ、イエロー、レッドと三色作りました。
意外と簡単に出来て、たくさん収穫しました。カメムシとの戦いですが・・・

私はコンパニオンプランツ
としてローズマリーの傍に植えました。
カメムシ等の害虫が来ないようにと・・・大丈夫かな?

コンパニオンプランツとは共栄作物、一緒に育てると互いに影響を与え合う植物のこと。
病害虫を防いでくれたり、作物の味を良くする組み合わせもあります。
トマトには普通はバジルなんですが、ローズマリーでも効きそうなので試してみました。

今年も出来たミニトマトを使って冷製のカッペリーニをメニューにします。
前回載せたバジルと組み合わされば最高のパスタになります。

ミニトマトはプランターでも育てることが出来ますし、収穫することの喜びをみなさんに
味わっていただきたい
と思います。ハーブでも野菜でも手間隙と愛情を注ぎ、
成長していく姿を見るとうれしくなります。そして、知らなかったことも分かってくるのです。

是非とも野菜を育ててみては・・・
[PR]
by tadanori-11 | 2007-06-09 17:03
<< Programma telev... Caponata...カポナータ >>