<< Gemma...スプラウト NARA TO-KAE...... >>

Go-ya-...ゴーヤー

最近使い始めた夏野菜のゴーヤーですが、今朝切ってみたところ
一瞬、自分の目を疑いました。
何故かというと・・・

a0084885_1915630.jpg

ゴーヤーから血が・・・と思いました。
種が赤いんです。

a0084885_19165852.jpg

赤い種を取り出してみました。
種が赤いんじゃなくて、よく見ると種が赤いもので覆われていました
みなさんはこんなの見たことありますか?

それにしても鮮やかな色をしています。
この種が赤い理由は後ほど説明します。

ゴーヤーは原産地がインドで、和名をツルレイシと呼びます。
果肉が苦いため「ニガウリ」
沖縄県では「ゴーヤー」熊本県をはじめとする九州では「ニガゴリ」
というようにさまざまな呼び方があります。

先ほどの種が赤くなっているのには理由があり、もともとゴーヤーは未熟な状態では緑
熟すと黄色に変化し、破裂します。
完熟した種子は赤くゼリー状になり、黄色の果皮と赤色の種子によって
鳥を誘引して種子をばらまいているんです。


驚くべき自然の原理です。
これで朝の謎が解けました!!

ゴーヤーは今が旬の夏野菜。
ビタミンC・カロテン・モモルデシン(苦味成分)がたっぷり入っているので
疲労回復、ガン予防、血糖値を下げるという体にとっても良い野菜です。

ゴーヤーを薄く切って、さっと下茹でし、炒めれば苦味は幾分なくなります。
私はパスタや前菜にも使います。

ゴーヤーのおいしそうな料理は仲良くさせていただいている
marinaさんの「イタリア料理紀行」をご覧下さい。
すばらしいアイデアのお料理です。


にほんブログ村 料理ブログ プロの料理へ

にほんブログ村 グルメブログ イタリア料理(グルメ)へ
↑↑ランキングに参加しています。
   トップを目指し、がんばっています。
 一つずつ押してお帰りください^^。
   皆様のポチッが励みになります!!
   よろしくお願い致します。
[PR]
by tadanori-11 | 2007-08-08 22:18
<< Gemma...スプラウト NARA TO-KAE...... >>