<< Ecologia...エコロジ... Cereali...雑穀 >>

Cereali...雑穀②

前回の続きで十六穀米の栄養について書いていきます。

*黒米*
黒色色素のアントシアニンはポリフェノールの一種。
抗酸化作用・動脈硬化予防。

*赤米*
赤飯の起源であり、タンニンを含む。
ビタミンB1・・・白米の4,6倍  ビタミンE・・・白米の7,5倍  
抗酸化作用・コレステロール低下・血糖値の改善。

*黒豆*
黒米同様、黒色色素はアントシアニン。
自然界最強の抗酸化作用を持つプロアントシアニジンはビタミンCの20倍 ビタミンEの50倍。

*小豆*
良質のたんぱく質、ビタミンB1、B2、食物繊維が多く含まれる。
皮にはサポニンという成分が含まれ、血液さらさら、脂肪吸収を抑える。

*黒ゴマ*
必須アミノ酸(人間の体内で作り出すことのできないアミノ酸)がバランスよく含まれている。
カルシウム・鉄・リン・マグネシウム・亜鉛等のミネラルがたっぷり。
注目すべきは抗酸化力。中でも「セサミン」は肝臓での活性酸素を撃退する。
植物性食品の中でも栄養価はトップレベル。

*白ゴマ*
黒ゴマと同じ。

*発芽玄米*
芽に含まれる「ギャバ」が注目されている。
脳の血液の流れを活発、コレステロール抑制、血糖値上昇抑制、発ガン抑制。

*アマランサス*
他の穀物よりたんぱく質・ミネラルがとても豊富。
鉄・マグネシウム・リン・亜鉛等のミネラルは穀物の中でも群を抜く豊富さ。
カルシウムは白米の約32倍(鉄12倍、亜鉛4倍)

*キヌア*
必須アミノ酸を全て含み、食物繊維・ミネラルが豊富。
ビタミンB・ミネラルが豊富なので肌の再生に効果的。

*はと麦*
利尿作用・美肌効果・皮膚の保湿・解毒作用。

*大麦*
ビタミンB2・カルシウム・食物繊維が白米より多い。
食物繊維は白米の10倍。
便秘予防・肥満防止・血圧上昇抑制・コレステロールを減らす。

*もちきび*
黄色色素ポリフェノールを含む。
亜鉛が多く、感染症予防・皮膚の老化・トラブルを防ぐ。

*たかきび*
カリウム・マグネシウム・カルシウム・鉄・食物繊維が豊富。

*とうもろこし*
成分は糖質が主で高エネルギー。
胚芽部分にはビタミンB1・B2・E・食物繊維が豊富に含まれている。
リノール酸も多く、動脈硬化予防。

*もちあわ*
鉄・・・白米の6倍  ビタミンB1・・・白米の2,5倍
マグネシウムが豊富で鉄分はレバーより多く、貧血気味の方におすすめ。

*ひえ*
ひえに含まれる、ヒエポリフェノールには抗酸化作用がある。
体を温めるので、冷え性の人に最適。
カルシウムが玄米の3倍以上含まれる。

以上、栄養について書いてきましたが読まれてお分かりの通りに雑穀には
抗酸化作用・動脈硬化予防・コレステロール低下・血糖値の改善・美肌効果など等
体に良いものばかり含まれています。

黄色色素ポリフェノールやヒエポリフェノールというのも初めて知りました。

白米に十六穀米を混ぜて炊くだけでこんなにもたっぷりと栄養が入った食べ物はありません。

そこに注目し、料理をつくっています。

a0084885_21434756.jpg

セルクルに十六穀米を詰め込み・・・
a0084885_21444137.jpg

十六穀米の焼きリゾットです。

これをベースに肉をのせたり、チーズをかけて焼いたりと色々な使い方ができます。
もうすぐ<ぐるなびレシピ>に登場しますのでお楽しみに。



にほんブログ村 料理ブログ プロの料理へ

にほんブログ村 グルメブログ イタリア料理(グルメ)へ
↑↑ランキングに参加しています。

   トップを目指し、がんばっています。
 一つずつ押してお帰りください^^。
   皆様のポチッが励みになります!!
   よろしくお願い致します。
[PR]
by tadanori-11 | 2007-10-04 21:56
<< Ecologia...エコロジ... Cereali...雑穀 >>