タグ:無農薬野菜 ( 12 ) タグの人気記事

Gemma...スプラウト

今、健康に良いとされ注目を浴びているスプラウトをご存知でしょうか?

ブロッコリー・マスタード・クレス(クレソン)・レッドキャベツ・豆苗(エンドウ豆)・紅タデ
ソバ・もやし(緑豆、大豆)・かいわれ
等、たくさんの種類のスプラウトが売られています。

しかし、ここには書いていない珍しいスプラウトを発見!!
またもや、珍しいものに出会う事ができました。

それはこのスプラウト・・・
a0084885_11385654.jpg

奥が先ほど説明したレッドキャベツのスプラウト
そして、右がなんとオクラ、左が空芯菜です。

オクラのスプラウトって・・・ちゃんとネバネバしてるんですよ。
こんな小さい時から・・・ネバネバ

次に空芯菜空芯菜にもスプラウトがあるんです。

そして、これは形がとてもかわいい。
UPにしました。
a0084885_11431933.jpg

見てくださいこの形!!
農耕器具や刀みたいな形をしているんです。

種子が発芽すると大体が同じ形をしているのに、この空芯菜は・・・
これもまた私が惹きつけられる野菜の魅力です。

少しここでスプラウトについての説明をしておきましょう。

まず、種子は水・光・湿度といった条件が満たされると新陳代謝が活発化し、発芽、
そして、種子の中に貯えられた栄養を解放しスプラウトになります。 

だからこの時に一番栄養があり、カロテン・ビタミンC・ビタミンE等が多く含まれる為、
「天然のサプリメント」と言われ、成熟した野菜は新芽にはかなわないのです。

人気の背景にはブロッコリースプラウトに含まれる「スルフォラファン」という成分が
ガンに効く事が分かったことにあります。
「スルフォラファン」とはブロッコリー等のアブラナ科の野菜に含まれる成分。

そして、今ではたくさんのスプラウトが出るようになりました。
女性にうれしい美肌効果、抗酸化作用、老化防止等いろんな作用が働きます。

一度、買ってみてはいいかがでしょう。ピリっとした苦味がくせになります。
私はサラダにはもちろん、アンティパスト・パスタ・ピッツァの彩りにも使います。
カラフルにもなり、小さいのに栄養がたっぷり。

最後に私が育てているスプラウトです。
a0084885_1224740.jpg

ルッコラです。
イタリア料理には欠かせない野菜の一つ。

手前がスプラウト、奥が成長したルッコラ。
間引く時がもっともつらい瞬間!!ごめんなさいと思いながら・・・
しかし、間引いたものはスプラウトなのでそのまま料理の中へ・・・ これで満足してくれているでしょう

野菜が高騰し、おいしい素材を手に入れるには自分で育てるしかないと・・・
愛情込めて育てた野菜を使うと料理もおいしくなると思います。

現在、カラフルファイブというラディッシュを栽培中。
うまく、育っています。
また、UPしますのでお楽しみに!!


にほんブログ村 料理ブログ プロの料理へ

にほんブログ村 グルメブログ イタリア料理(グルメ)へ
↑↑ランキングに参加しています。
   トップを目指し、がんばっています。
 一つずつ押してお帰りください^^。
   皆様のポチッが励みになります!!
   よろしくお願い致します。
[PR]
by tadanori-11 | 2007-08-10 12:25

Rhubarb①...ルバーブ

出し惜しみをしてきた吉野の野菜、それは・・・・これ!!

a0084885_18563848.jpg

Rhubarb...ルバーブです。
海外で生活されている方、料理に携わるお仕事をされている方だったらお分かりでしょう。

シベリア南部が原産でタデ科の植物。
和名は食用大黄、漢方の大黄の近縁種です。
食物繊維・有機酸・カリウムを多く含んでいます。
カリウムは体内の塩分を尿に変え、排出する働きがあるミネラル。
茎の赤い部分はカロテンの色です。
明治初期に日本に入ってきて、ほとんど利用されなかったが、今では長野県が有名な産地。
高さ100cm~200cmまで成長するといわれます。

ずっと前から気になってた野菜で雑誌でしか見た事がなかったんです。
しかし、2月に吉野の契約農家にお邪魔したときに発見!!

えーー、これってまさか・・・あの探し求めていたルバーブでは。
またまた、テンションがやばいくらいに↑↑ ベジヲタの血が騒ぎました。
でも、まだ小さくて収穫できず。残念。

5月くらいになったら収穫できるかも・・・と言われ、その時を首を長ーーーくして待ってました。
そして、先週にルバーブがやってきました。

初のご対面!!あの小さかったのがこんなに大きくなって・・・と 感動しました。

a0084885_19113453.jpg

葉はこんなに大きく、まるでフキのよう。
シュウ酸が含まれているので、食べれません。要注意!!

長くなるのでを使った料理を次回紹介します。ルバーブ
[PR]
by tadanori-11 | 2007-05-30 19:24

Tagliata di lombata con verdura...サーロインのタリアータ

誕生日・記念日ペアコースのメイン料理の一つである
オーストラリア産サーロインのタリアータをご紹介します。タリアータとは薄切りを意味します。

a0084885_18193172.jpg

約4kgのサーロインの塊です。以前はオーストラリア産牛肉といえば国産と比べ、イマイチだったんですが、穀物飼育で生育期間が長くなったので美味しくなりました。

a0084885_18224354.jpg

脂と筋をきれいにとり、柔らかい部分だけを使い、外はこんがり中はレアに仕上げます。

a0084885_18255698.jpg

無農薬野菜・ベビーリーフ・自家製ハーブを飾り、ニンニクのきいた特製ソースを絡ませて完成です。余分な部分は全て取り除いているので、サーロインらしくなく、まるでフィレ肉のように柔らかく感じます。

コースでは、フォアグラソテーをのせ、黒トリュフオイル・グラナパダーノをかけています。
[PR]
by tadanori-11 | 2007-05-10 18:31

Cibo appetitoso..."のれそれ"

本日、珍しい魚を仕入れました。
以前テレビで見たことがあったもので ”のれそれ” と言います。

のれそれ何それ・・・なんて

あなごの稚魚であり幼魚の状態をレプトケパルスと言います。

のれそれとは高知の方言と言われていますが、語源は定かではないようです。

年間を通じて安定供給が難しく、高級料亭や産地の漁師さんしか味わうことが出来ない
幻の珍味なんです。

a0084885_1584955.jpg

今が旬で体長5cmくらいの透き通った魚体はキラキラ光るクリスタルのようです。
しかも、表現できないツルっとした独特の食感がたまりません。

a0084885_15125634.jpg

前菜を作ってみました。

★”のれそれ”と無農薬野菜のカクテル
  塩味が効いているのでコショウとEXバージンオリーブオイルだけでいただきます。
  さっぱりとして見た目も鮮やかなアンティパストです。

残念ながら今月で入荷が終わってしまいます。
是非、G・Wまでにご来店いただき、お楽しみください!!
[PR]
by tadanori-11 | 2007-04-19 15:21

Ragu...ミートソース

春休み最後の週末ということもあり、忙しくなかなかブログがかけませんでした。
今回は仕込んだものを写真に撮りました。

一つはRagu alla bolognese(ラグー・アッラ・  ボロネーゼ)
a0084885_10265045.jpg

コロコロした荒挽き挽き肉・アキレス・トマトがわかりますでしょうか?

所謂ミートソースのことです。当店で作るボロネーゼは一味違います。
荒挽き挽き肉、和牛のアキレス、サーロインの端、契約農家から仕入れる無農薬野菜、徳之島産黒砂糖、オーガニックワインを使って仕上げます。

最近どのイタリア料理店に行ってもボロネーゼが置いているお店が少ないような気がします。
デミグラスソースはブラウンルーから約1週間かけて作るのでコクが違います。
手間隙かけて作る料理店があまり無いのでは・・・。

もう一つはCoda al vino organico(コーダ・アル・ヴィーノ・オルガニコ)
a0084885_10335079.jpg

自家製ハーブのパイナップルミント・ローズマリーの花・ルメクスを飾りました。おいしそうな脂身が見えます。

和牛テールをオーガニックワインで煮込んだブラザート。
これもデミグラスをベースにラグーソースで煮込んでいます。
テールは長い時間をかけてコトコト煮込まなくてはならず、髄から肉が剥がれないようにするのが難しいところでしょう。
和牛なので霜降りも多く、骨髄から出てくる旨味が違います。
又アキレスと共に煮込むことによりゼラチンが溶け出し、コラーゲンたっぷりのブラザートとなりました。
赤ワインはもちろんカベルネ・デッレ・ヴェネツィエ。隠し味には徳之島産黒砂糖。

両方ともオーガニックワイン、徳之島産黒砂糖、無農薬野菜といった素材や栄養面にこだわった一品となりました。

和牛テールを使うのは今回初めてですが、おいしくできました。お越しの際は是非ご注文下さい。
[PR]
by tadanori-11 | 2007-04-09 10:49

Festa...パーティー

昨日、3月20日に総勢60名の貸し切りパーティーがありました。
近くの小学校の卒業パーティーで今年で3回目になります。

毎年、幹司様がご紹介していただいているので、本当にうれしいことです。

メニューを紹介します。
まず、初めにブラッドオレンジとジンジャーエールで作るノンアルコールカクテルで乾杯。
a0084885_17235090.jpg


アンティパストはカマンベールチーズのパンナコッタ
a0084885_17325782.jpg


パスタは当店人気のぺペロンチーノ
a0084885_17402946.jpg


サラダは契約農家から仕入れる無農薬野菜を中心とした生ハムのサラダ
a0084885_17282960.jpg


メイン料理は黒和牛肉のブラザート
a0084885_1742119.jpg


ドルチェはメープルブリュレ
a0084885_17312597.jpg


春は団体のパーティーが多く頑張り所です!!
[PR]
by tadanori-11 | 2007-03-21 17:44

Crepine...クレピーヌ(網脂)

写真やTVなどでよく見かけていたクレピーヌ(網脂)を紹介します。
a0084885_1229774.jpg


綺麗な網目模様です。
クレピーヌは材料の形を整えるだけでなく脂の膜をはることで材料にしっとりとした脂分を与え
コクを出す働きがあります。

a0084885_12322435.jpg

ハンバーグをくるみました。霜降りみたいです。

a0084885_12331488.jpg

焼き上がりはこんな感じです。

a0084885_12335832.jpg

上にフルーツトマト・モッツァレラチーズ・グラナパダーノをかけオーブンへ。

仕上げにリゾーニを敷き、ラグーソース・ルッコラを添えたら完成です。

脂で包むので、よく油をきることが重要です。肉汁が閉じ込められるのでプリッとしていてジューシーなハンバーグになります。
[PR]
by tadanori-11 | 2007-03-06 12:43

Verdura favorito...お気に入りの野菜

この前、吉野の契約農家にお邪魔した時にいただいた野菜の中でも特にお気に入りを写真に撮りました。
a0084885_17504954.jpg


左が紅菜苔、右がルッコラです。

ルッコラには木のような根がついていました。一緒に畑にいったのですが、切り取った瞬間を見逃したので、どのような状態で育っていたのか不明です。。。ハウス栽培ではないので今だに保存状態をよくしていると、イキイキとしています。やはり力強さを感じます。
a0084885_2231648.jpg


紅菜苔(コウサイタイ) 中国野菜:ホンツァイタイ
  和名 紅菜花(ベニナバナ)
  科名 アブラナ科
  原産地 揚子江中流の武漢近くの沙湖のほとり
  栄養素 アントシアニン
  分類  二年草

あまりスーパーで見かけることはなく、過去に一度だけ購入したことがありました。
油いために最適でクセがなく甘味があり食べやすい。菜の花のような形だがアブラナ科に属するのでブロッコリーの仲間になります。ボイルすると赤紫の花茎は一瞬にして緑色に変わってしまいます。この紫色がきれいので、茎は刻んで、スープやパスタに。
上の花は飾りに使います。とてもきれいな今が旬の野菜なんです。

もう一つ、根っこごといただいたサニーレタスです。         
a0084885_22265010.jpg


大きな植木鉢にいれて育てています。畑の横で育っていたので霜がおりても枯れないところがすごいです。まるで盆栽のよう・・・
葉がみた事が無いような綺麗な紫から黄緑にかけてのグラデーションがなんとも言えません。いつまで育つんでしょうか
[PR]
by tadanori-11 | 2007-02-28 22:33

Grande fattoria...大農園 numero2

農園から帰り、頂いてきたものを撮りました。
a0084885_12252610.jpg


左からウォータークレス・ミズナ・グリーンマスタード
手前にはチャービル・イタリアンパセリ・黄色唐辛子

グリーンマスタードは大葉に似た形で食べるとピリッとした辛味があります。

黄色唐辛子は去年の秋に収穫し、乾燥させたものです。
当店人気のペペロンチーノにこの黄色唐辛子を入れてメニューに入れようと思います。


a0084885_1232061.jpg

ウォータークレス
いわゆるクレソンのことです。吉野川の清流で自生し、この寒い時期に霜が降りると
変色して紫がかったグリーンになります。
ここで採れるクレソンは絶品です。口に入れると甘味が広がり、又さっぱりとしているのでお肉料理の付け合せに最適です。
[PR]
by tadanori-11 | 2007-02-07 12:41

Grande fattoria...大農園 numero1

先日定休日を利用して、奈良県五條市の契約農家へ行ってきました。

この時期冬野菜もほとんど出荷され、畑も一段落した様子で閑散としていました。
a0084885_1136918.jpg


これから種を蒔くのでこちらの欲しい野菜の希望を伝えてきました。

こちらの農園は吉野川の澄んだきれいな水とおいしい空気で育つ完全無農薬野菜を作っているので、色・ツヤ・味がスーパーで売っているものとは全く違うのが実感できます。
a0084885_11404659.jpg

トレヴィス

以前も紹介した大好きなトレヴィスです。今はハウス栽培ですくすくと育っていました。
a0084885_1142523.jpg

すごく綺麗でしょう。


a0084885_11441087.jpg

ルバーブ
ロシア原産の茎が赤く、主にジャムに使われます。かなり入手困難な食材ですがここではたくさん育てていました。

是非早く使ってみたいものです。
[PR]
by tadanori-11 | 2007-02-07 11:52